HOME矯正治療について  矯正治療Q&A

矯正治療Q&A

矯正治療費について
矯正治療を始める最適時期は?
一般的に“永久歯の前歯が生えた頃”とか“大人の歯がはえそろった頃”と言われていますが、歯並びやかみ合わせの状態によって治療を開始するタイミングは異なります。

かみ合わせが原因で顎の成長方向がずれている場合などは乳歯の時期でも治療を開始することがあります。また、適切な治療開始時期まで治療をせずに様子をみることもあります。そのため、歯並びやかみ合わせに気になるところがあったらまず矯正臨床医に相談されることをお勧めします。
矯正の治療期間は?
治療を受けられる方の年齢や、お口の中の状態によって異なります。
簡単な装置で短期間で終了する場合もありますし、成長発育を治療に取り込む場合、治療期間が伸びることもあります。また治療を数回に分けておこなうこともあります。
歯ならびを治すために歯を抜くことがありますか?
精密検査の結果、歯と顎のバランス、口唇の突出度等を総合的に診断し、歯を抜いて治療した方が、安定する良い結果が得られ、残りの歯を守ることになると考えられる場合は、その旨をご説明し、ご理解いただいた上で抜歯を行 うこともあります。
矯正治療中は痛みを伴いますか?
矯正治療は、まったくの無痛ではありません。しかし、いつも痛いわけではありません。矯正治療の痛みは、装置を介して歯の根っこ(歯根)に矯正の力が伝わり、顎の骨の中を動く時に生じる痛みです。痛みの程度には、個人差がありますが、矯正の力は2、3日で弱くなりますから、痛みもそれに伴い消えてしまいます。
矯正治療の方法・装置などについて
装置は目立たない?
目立ちにくい装置(透明の装置)を当院でも使用しております。一度ご相談下さい。
器具の消毒が心配ですが・・・・
当科では治療に使用する材料、鉗子、装置、機器類などの滅菌消毒には万全を期しており、完全消毒済みか、使い捨てのものを使用しておりますので、安心して治療をお受けいただけます。
矯正装置をつけるとスポーツや学校の勉強には影響はありませんか?
まずスポーツですがオリンピック選手が矯正装置をつけて走り、金メダルをとったという有名な話があります。
一般的にはスポーツで矯正歯科の装置が支障になることはほとんど無いと思われます。
また逆にサッカーボール等が顔面に当たっても矯正装置が入っていたために衝撃力が分散され、歯が折れずに助かった例もあります。
学校の授業に関しましては、ほとんど支障はないと思います。
しかし固定式の矯正装置は針金を結んだり歯を引っぱったりするため、2・3日痛みが出ることがありますので、次の診療の予約をとる場合、定期試験やスポーツの試合、文化祭等の行事の前には予約をとらないよう受付に申し出てください。
矯正治療費などについて
費用はどれくらいかかりますか?
矯正治療の料金は特定の疾患、たとえば外科的矯正治療や唇顎口蓋裂の患者さんなどの限られたケースを除き、保険が適用されません。このため基本は保険外での治療となり、医療機関によって料金や支払い方法に違いがあります。

当科では、治療費総額を治療開始前に提示いたします。治療費は、矯正をする年齢、時期、治療法によって異なります。
通常、治療終了まで、最初に約束した以上の治療費がかかることはありません。

詳しくはこちら(治療料金について)のページにてご確認ください。
医療費控除は受けられますか?
医療費控除の対象となります。規定の条件がありますが、所轄の税務署で手続きをとっていただける場合、医療費控除は受けられます。
どのような支払い方法がありますか?分割払いは可能でしょうか?
当歯科では、分割払いでのお支払を受け付けております。利子や手数料はかかりません。また、クレジットカードでのお支払も受け付けております。
矯正治療費はほとんどの場合、医療費控除の対象となり、課税所得から差し引く事が可能で、税金が少なくなります。

詳しくはこちら(治療料金について)のページにてご確認ください。
セカンドオピニオンを受けることはできますか?
セカンドオピニオンのご依頼も承っています。お口の中をみせていただいての相談の場合は3,240円、詳細な検査が必要な場合は32,400円かかります。お気軽にお問い合わせください。
ページトップ